東京で撮って巻いて

こじらせているOLがフィルムカメラで写真を撮る

こじらせているOLがフィルムカメラで写真を撮る

つまりはポパイカメラが好き

ここ最近、ブログを更新できない。

写真は撮っているのだけれど、データをPCに入れられないのだ。

 

…これはポパイカメラと呼ばれる自由が丘のおシャンなカメラ屋さんの罠である…

www.popeye.jp

 ポパイカメラは自由が丘にある。現像・プリントサービス、中古カメラやカメラ関連グッズの販売、カメラに全く関係ないがカメラ好きならこういうのも好きだろ…オラァ!という感じの雑貨の販売をされている。現像は結構時間がかかるが(1週間くらい)自分の好みの仕上がりにしてくれたり、珍しいカメラを褒め讃えてくれたり、カメラ初心者の我を応援してくれたりするので、現像はここに頼むと決めている。

 

 

前置きが長くなったが、このお店、データ化するとき、「ポパイUSB」なる物を持っているとデータ入力代が50円安くなる仕組みがある。ほいほい薦められて軽い気持ちで買ってしまったのだが、現像に出して1週間、出来上がったデータを受け取る時、果たして私は手ぶらだろうか?…否、1週間があれば写真を撮りにいく機会だってある。そこには新たに現像をお願いしたいフィルムができてしまっているのだ。ああ、そして受け取るはずだったUSBは再び店員さんの手の中に、データを確認できるのは次の週…

…という事象に最近悩まされている。もう一個USB買えばいいんだけど、40回データ入力で元がとれるって言う話だったのが倍になるからなー

f:id:kakikuqe:20170720160649j:plain

ポパイのUSB。ミント色が可愛い。

 

f:id:kakikuqe:20170720160210j:plain

ちなみに、ポパイにはポイントカードがある。現像回数でたまるものとお買い上げ金額に応じてたまるものの2種類だ。こうして人はポパイ沼にはまっていく。

 

すごくどうでもいい話で終わった。

ちなみにポパイカメラは現像は24枚撮り500円、データ入力は24枚撮りLサイズ相当500円だが(なんかWEBの料金表より高い?)

■USBで毎回50円引き

■現像ポイントカード 現像+データ入力6回で現像半額(プリント込みだと4回)

■お買い上げポイントカード お買い上げ600円/1ポイント×30ポイントで500円引き

なので通うならまあそこそこ安くなるんじゃなかろーか。